福寿会以外

「 院長から 」 一覧

2021/07/28  

「東京2020」に輝くビクトリーブーケ

議論百出、賛否両論、紆余曲折、侃々諤々(かんかんがくがく)…。開催の有無についてさえ何度も取り沙汰された東京オリンピックが開幕して、一週間が経ちました。開会までの道筋がどのようなものであれ、オリンピッ …

2021/07/21  

水商「ござえんちゃハウス株式会社」に感謝

昨7月20日、県立水沢商業高校の3年生3名と、引率の先生が施設を訪れ、「日頃お世話になっている福寿荘さんに、感謝の気持ちをこめて」と、円型(直径30cm)の湿温度計1台の寄贈を受けました。これは、同校 …

2021/07/15  

大谷選手の実家はすぐそこ

しばらく便りのなかった関東の友人たちから、たて続けにメールをもらう最近です。メールを開いてみると、予想通り? 大谷翔平選手の活躍について、「伝えずにはいられない」とばかりに皆が書き連ねています。 「大 …

2021/07/09  

ピアノと三味線のコラボレーション

先日、一ノ関文化センターで行われた、兄弟の三味線奏者ユニット『吉田兄弟』と、同じく兄弟のピアノ演奏ユニット「レ・フレール(フランス語で『兄弟』の意)」のスペシャルコラボコンサートへ行ってきました。「レ …

2021/07/07  

星に願いを

きょう7月7日は七夕。古くから、一年に一度織姫と彦星が会える日と言われ、それにちなんで、七夕飾りに願いごとを書いた短冊を吊るして、この日を楽しむようになってから、長い年月が経っています。 今年は「織姫 …

2021/07/01  

どうなる? 東京オリンピック

今年もちょうど半分をすぎました。岩手も梅雨入りし、あじさいの花が雨中にひときわ美しく咲いています。 この上半期は、まだまだ世界中がコロナウイルスに翻弄され、コロナ関連の話題ばかりが世間を飛び交っていた …

2021/06/23  

きょうも明日も「特別な日」

日本人は記念日(『〇〇の日』)好きといわれています。たとえば「六」の字を「む」と読んだり、「介」という字は人が人を支えているというふうに形から文字に意味づけをしたり、或いは様々な「語呂合わせ」をして、 …

2021/06/16  

種山ヶ原に吹く風

6月も半ばをすぎて、「今年も半分が終わるのか。早いなあ」という声が聞こえてきます。身近なところでも、世の中全体も、コロナウイルス関連の話題に一喜一憂? している間に、季節が巡っています。どこへも出かけ …

1 2 3 9